ヤンマーボートオーナー事例紹介

ヤンマーボートオーナー事例紹介

漁船での実績が髄所に生きる釣りのプロ仕様にさらに満足

愛艇「PANDORA」 フィッシングクルーザーEX38A

全長・幅・深さ(m) : 12.39 × 3.40 × 1.93
総トン数 : 5G/T超
最大搭載人数 : 12名
最大出力:363kW/2700min-1

福岡市内を中心に九州全土で不動産業を営む木村さんと海との出会いは高校1年生の時、友人に誘われるまま入部したヨット部にさかのぼる。それまで本格的にスポーツに取り組んだこともなく、当然ヨットの知識も皆無というところからのスタートだったが、始めてみると風を読んで帆走する楽しさにたちまちのめり込む。興味が湧いたらとことんという性格も手伝って、2年後には、浜名湖で開催された全国大会に出場。参加200艇中10位入賞を果たしたというから驚きだ。
「うちのヨット部が練習場にしていた博多湾は、風向きがコロコロ変わり、波の高さも急変する操縦者泣かせの難所。ここで鍛えた技術が、最後にモノを言ったようです」
卒業後は、夏はウインドサーフィン、冬はスノーボードへと趣味を広げたが、ヨット仲間が相次いでルアーフィッシングを楽しみ出したのに感化され、自らも疑似餌を流すようになる。ところがここで重大な問題が表面化した。
「実は、私、船酔いしやすい体質で(笑)。漁場でエンジンを止めて釣り糸を垂らしていると気分が悪くなってくる。だからがっしりして少々の波でも動じないボートに早く乗り換えたかったんです」
木村さんはそんな思いを1隻のボートに託すことにした。ヤンマーEX33だ。
「調べれば調べるほど、この船がほしくなったんです。どこがというピンポイントではなく、全部気に入りました」
そうなると1日でも早く手に入れたいのが人情。木村さんは一昨年の夏、満を持してヤンマー舶用システム(株)福岡支店へ直接乗り込んだ。ところが紹介された販売店・玄海ヤンマー(株)福岡東営業所の杉山昭男所長から”待った”がかかる。
「これまで船をどんな風に使ってきたか、これからどういった楽しみ方をしたいかなどを丁寧に確認してくれたうえで、『来年にはもっとふさわしい船が発売されるから待った方がよい』と言われたんです。でもその理由を聞いているうちに、まだ見ぬEX38Aこそ理想の船だと思えるようになり、信じて待つことにしました。結果は大正解。改めて杉山さんのアドバイスに感謝しています。もっとも1年間はほんとに長かったけどね」